こんにちは。マサコママです。

大谷翔平投手がロサンゼルス・ドジャースに加入し、入団会見で着用したユニフォームが注目されています。米国の記者が今年のユニフォームとの変化を指摘し、それに伴う比較画像を示したところ、一部のファンからは「なぜ完璧なものを変えるのか」と不評の声が上がっています。

大谷は14日(日本時間15日)に行った入団会見で、ドジャースのユニフォームを着用しましたが、今シーズンのものとは異なる「新ユニフォーム」を着用していたようです。今シーズンのユニフォームでは名前が水平に配置されていましたが、大谷が着用したものは「OHTANI」という名前が斜めにデザインされ、背番号も従来より小さくなっているようです。

全米野球記者協会のメンバーであるエリック・スティーブン記者は自身のツイッターで「ユニフォームの背中の違いがこれで分かるだろう」とコメントし、実際の比較画像を公開しました。これにより、米国のファンから多くの反応が寄せられています。

一部の声としては次のようなものがあります:

  • 「なぜ完璧なものを変えるのか」
  • 「修正が必要だ。気になる部分だけど、そこに注目したくなかった」
  • 「ドジャースのユニフォームはMLB最高だった。なぜ手を加えたのか理解できない」
  • 「気づいたのは自分だけかと思っていた。好きじゃない」
  • 「好きじゃない」
  • 「まずい」

ドジャースの大谷ユニフォームは公式販売パートナーであるファナティックスによると、13日(米国時間14日)に発売されてから48時間で、メッシやクリスティアーノ・ロナウドらを抜いて史上最高の売上を記録したことが発表されました。デザインに不満を持つファンもいますが、早くも歴史的な売上を達成しています。


スクリーンショット 2023-12-20 15.21.55











どうですかね?